リレーエッセイ

新規掲載順 - 2003.10.03

各エッセイを読むことができます。クリックしてどうぞ。

第51回 - 2003.10.03 松村正義 拙著『日露戦争100年』の刊行に寄せて
――祖父の日露戦争実戦談――
第50回 - 2003.08.01 岩崎周一 ブラティスラヴァ/ポジョニ/プレスブルク
第49回 - 2003.07.02 渡邊昭子 ブダペシュトに見る『ハプスブルクとハンガリー』
第48回 - 2003.05.11 太田正一 ツァールスコエ・セローの傘
第47回 - 2002.07.01 木下豊房 ドストエフスキーの「聖地」スターラヤ・ルッサ
第46回 - 2002.05.17 松家仁 社会主義通貨と地域通貨
第45回 - 2002.01.01 土肥恒之 拙著その後
第44回 - 2001.12.01 松家仁 ヴェトナム人・中国人とヨーロッパ
第43回 - 2001.11.01 倉田稔 ハプスブルク・オーストリア・ウィーン
第42回 - 2001.09.01 阿部賢一 セーヴルの詩人
――パリ在住のチェコ詩人――
第41回 - 2001.06.01 杉田米行 「情報革命」は革命か?
第40回 - 2001.05.01 桧山真一 ネフスキイと東洋文庫
第39回 - 2001.04.01 長與進 M・R・シチェファーニクの記念写真の謎
第38回 - 2001.03.01 沢田和彦 「来日ロシア人研究会」のこと
――『異郷に生きる――来日ロシア人の足跡』刊行に寄せて――
第37回 - 2001.02.01 白倉克文 荻村段山かジュコフスキーか
第36回 - 2001.01.04 沼野充義 やっぱりドヴラートフが一番!
――『かばん』邦訳刊行に寄せて――
第35回 - 2000.12.01 飯島周 『新編 ヴィーナスの腕』に寄せて
第34回 - 2000.11.13 岩浅武久 レスコフ全集のこと
第33回 - 2000.09.17 安井亮平 ついに大ウースチュクとトーチマを訪ねました
第32回 - 2000.07.08 又来るベア ロシア大統領の発言をめぐって
第31回 - 2000.05.03 西山克典 リチャード・パイプスのロシア革命研究について
第30回 - 2000.04.07 長縄光男 メイリアの新著に触発されて
第29回 - 2000.03.01 安井亮平 ベローフさんが加藤さんの『馬を洗って…』を翻訳した
第28回 - 2000.02.01 阿部賢一 ミレナからの手紙
第27回 - 1999.12.06 長縄光男 バフメーチェフ・アーカイヴのこと
第26回 - 1999.11.04 加藤史朗 「おろしゃ」への遠き道
第25回 - 1999.10.01 青木明子 回想記はおもしろい
第24回 - 1999.09.05 内村剛介 パリでのこと
――ジャック・ロッシとの問答――
第23回 - 1999.08.13 山中美子 持たざるものの処世術
――キルギスの「外交」能力――
第22回 - 1999.05.09 齊藤久美子 利益を計算するようになったロシア人
第21回 - 1999.04.05 石川達夫 日本語で読むチャペック
第20回 - 1999.02.01 大矢温 ロシアの常識
――理性の混乱か混乱の理性か――
第19回 - 1999.01.14 下里俊行 ブラゴヴェシチェンスク訪問記(1998年7月)
第18回 - 1998.10.08 梶雅範 化学者メンデレーエフの息子と明治日本
第17回 - 1998.08.09 稲葉千晴 川上俊彦文書と日露戦争:ウラジヴォストーク海軍スパイ活動
第16回 - 1998.06.01 西角純志 マサリク博物館訪問記
第15回 - 1998.05.01 中村喜和 朗 報
第14回 - 1998.04.17 左近毅 森と共に帰ってきたバイコフ
第13回 - 1998.03.01 長與進 スロヴァキア史についての2冊の教科書
第12回 - 1998.02.01 守屋愛 再びドヴラートフについて
――学会参加者の手記――
第11回 - 1998.01.14 左近毅 森と共に死んだバイコフについて
第10回 - 1997.11.13 守屋愛 ドヴラートフ家の人びとってどんな人?
――ドヴラートフとのおかしな関係――
第9回 - 1997.10.01 太田正一 森と野のマンダラ
第8回 - 1997.09.01 木下豊房 開かれたロシア、その自然の深い森のなかへ
第7回 - 1997.08.01 赤塚若樹 フィリップ・ロスとブルーノ・シュルツが到着しました
──電子メールはどれくらい役に立つのか?──
第6回 - 1997.06.30 飯島周 カレル・チャペックの哲学三部作を訳し終えて
――または横のものを縦にすることの悩み――
第5回 - 1997.06.03 沼野充義 ぼくはいかにして悩むことをやめ、横のものを縦にすることに専念するようになったか
――あるいは、ドヴラートフとの出会い――
第4回 - 1997.05.01 中村喜和 ベローフ賛歌
第3回 - 1997.04.01 栗生沢猛夫 ボクの場合
第2回 - 1997.03.01 長縄光男 二番煎じ
第1回 - 1997.02.01 太田正一 自然児と野蛮人
HOME現在のリレーエッセイ「バイコフと虎」シリーズ既刊書新刊・近刊書書評・紹介チャペック