こちらは成文社のページです。

キエフ・ルーシ考・断章

ロシアとウクライナの歴史家はどう考えてきたか

栗生沢猛夫著


ISBN978-4-86520-067-6 C0022
A5判上製 本文縦組296頁
定価(本体3300円+税)
2024.04

ソヴィエト連邦崩壊後(1991年末)、ウクライナが正真正銘の独立を得て主権国家として成立することになり今日に至るが、その「独立性」がロシアを含む国際社会により完全かつ全面的に承認されたわけではなかったことが、今回のロシア軍の「侵攻」によって暴力的に突き付けられた。これが認められるはずもない暴挙であることは疑いないが、小論の課題は、「侵攻」がどのような認識を背景になされたものなのか、これまで筆者を含む大多数の研究者が受け入れてきたロシア史の構想中に、これを正当化する何ほどかの根拠が含まれてはいなかったか、を問うことである。


HOMEリレーエッセイ既刊書新刊・近刊書書評・紹介チャペック