こちらは成文社のページです。

「石川啄木と小樽」書影

石川啄木と小樽


倉田稔著


ISBN4-915730-47-6 C0095
A5判並製 54頁
定価(本体300円+税)
2005.04

「啄木が北海道における実生活からまなびとったものは、はかりがたいほど豊富多量であったと思われる。彼の人生詩人、生活派詩人としての基礎がこの期において形つくられたといっても誤りではあるまい」(山田あき)。特に北海道時代、それも小樽時代、啄木は生活に困った。だから、そこから生活派の歌風が生まれたとすれば、北海道時代・小樽時代は意義が大きい。次に、北海道で野口雨情に教わりながらジャーナリストとして出発した。最後に、母と妻との間の壮絶なる闘いを知り、その渦中にあった。(「むすび」より)


HOME既刊書新刊・近刊書書評・紹介チャペック