さまざまな生の断片


ソ連強制収容所の20年

J・ロッシ著/外川継男訳/内村剛介解題
四六判上製/208頁/定価(本体1942円+税)

フランスに生まれ、若くしてコミュニストとなり、スパイ容疑でソ連で逮捕。以降二十四年の歳月を収容所で送った著者が、その経験した出来事を赤裸々に、淡々と述べた好編。スターリン獄の実態、そしてソ連邦とは何だったのかを考えるうえでも示唆的な書。(1996.6)


目次:目次のなかで、色が付いた章をクリックすると、その章を読むことができます。さらにその章で、内容に関連する貴重な音声(!!)が聴けます。

HOME既刊書新刊・近刊書書評・紹介チャペック