帝国主義と多民族問題


オットー・バウアー著/倉田稔訳
四六判/120頁/定価(本体1165円+税)

ソ連邦崩壊、各地での民族紛争、EC統合への苦渋など、現代ヨーロッパが抱える様々な民族の問題。今世紀初頭、バウアーによって書かれた本書は、そうした問題を考える時に、改めて論議されねばならない「古典」であり、今なお新鮮な問題の提起である。
(1993.10)、2刷(1995.08)


目次
  1. 資本主義的拡張政策の根底
  2. 労働者階級と資本主義的拡張政策
  3. 帝国主義と多民族原理

HOME既刊書新刊・近刊書書評・紹介チャペック